借金問題を抱えている方は、法律事務所に相談しましょう

過払い金請求をする事でも借金返済する事が可能

債務整理は弁護士へ依頼する

●弁護士は債務者にとって強い味方

債務整理は、借金から解放してくれる法律で守られた解決方法なのです。借金は当然返さなければなりません。

しかし、現実問題として返済できない状況があることも事実です。その事実をそのまま放置してもなにも解決はされません。

どうすれば借金問題から解決されるのかしっかりと考える必要があります。 借金問題の解決策として自己破産をよく聞きますが、自己破産以外にも解決できる方法はあります。

自己破産はどうしてもそれ以外に方法がない場合に行なうようにしましょう。 ではどのように解決するのかを考えますが、解決するにしても、人によっては家は手放したくない、元金だけなら払えるなど状況はさまざまです。

どの方法が一番ベストなのかを検討する必要があります。 最初に考えるのは過払い金です。これは利息制限法に基づくもので、貸金業者の中には法定利率以上に債務者から利息を徴している場合がありますので、その差額分を元金の返済に充てさせるのです。場合によっては、返金されることもあります。

これで解決すれば一番いいのですが、それでも解決しない場合には、任意整理について見当しましょう。 任意整理は裁判所などを通さないで、債権者と直接話し合いで解決を図るものです。この手続きをとった場合、ほとんどの業者は以後の利息をカットすることで合意してくれますが、分割してきちんと支払いをしなければなりません。

この交渉は自分で行なってもいいのですが、通常は弁護士に依頼をして行います。また、弁護士なら皆同じ結果になるとは限りません。経験豊富な弁護士を選ぶことが大切です。 過払い金もそうですが、債務整理の問題は弁護士に相談するのが一番です。弁護士に依頼することで債権者の取り立てを止めることができます。

これは依頼を受けた弁護士が債権者へ受任通知を書面で送付するからで。これが届くと和解成立まで支払いをストップさせることができるので、債務整理の問題は専門の弁護士に依頼するのが一番です。また、弁護士に依頼することにより、債務者はなにもする必要がなくなるというメリットもあります。交渉ごとや書類の作成などもすべて弁護士が行なってくれますので、あとは弁護士からの連絡を待つのみです。

詳細はこちらへ➡過払い金請求とは

●多発する債務整理詐欺に要注意

多重債務者の方は要注意

債務整理とは、消費者金融、ローン、クレジットカードなどの借金を法律に基づいて整理することです。通常は、弁護士や司法書士などの力を借りて、債務の減免や支払期限の延長などをしてもらいます。最終的には自己破産という方法もありますが、まずは無理の少ない形で返済をしていき生活の再建を図る方が、デメリットも少なく得策です。

債務整理の必要に迫られている人は、既に多額の借金を背負っているわけですから、債務整理のために更にお金をかけたくないと思ってしまいがちですが、やはり専門的な知識がないと難しい作業です。また、個人が金融会社に出向いていって債務の減免を要求しても、まず相手にしてもらえません。債務の整理は生活再建のための手法であり、決して恥ずかしいことではありませんので、一人で抱え込まず、専門家に相談するのがベストです。

多重債務に陥った方がよく遭う詐欺があります。「借金を一本化して、金利も下げて返済を楽にします」というものです。どこで調べてくるのか、多重債務に陥っている方に直接電話をしてきます。自分の会社ですべての借金を肩代わりして一括返済することにより借金を一本化します、というわけです。

毎月の返済に追われ苦しんでる多重債務者は、その話に飛びついてしまいがちです。そして、相手の求めるままに、信用保証とか手数料などの名目の金銭を、無理な借金を更に重ねて支払ってしまいます。しかし、支払った途端、相手の電話は通じなくなってしまいます。溺れる者は藁をも掴むという言葉通り、普段であれば何かおかしいと気が付くような事でも、冷静さを失って気付かなくなってしまっています。注意が必要です。

債務整理をする法律事務所、弁護士の口コミランキング
過払い金におすすめ法律事務所の口コミ

●借金をする時になぜ審査が必要としているのか

難しい審査ではない

借金をする場合、もちろん審査をしてもらうことが必要としています。自動車ローンもそうですし住宅ローンもそうなのですが審査に通ることによって初めてお金が借りられます。ではなぜ審査が必要としているのかがちょっとした疑問になってしまうのではないでしょうか。ではなぜ審査をしているのかというと、それはより会社として損をしないようにするためになります。

例えばかしている方が返済をしてくれないとなってしまった場合、もちろん催促をして取り立てるようにしているのですが、しかしこれは強制するということができないんです。裁判をすることで家財道具などを手に入れることは可能となるのですが、この裁判はかなりお金がかかってしまいます。20万円などのちょっと少ない金額になると裁判をすることで家財道具を手に入れることができても損をするだけなんです。そうなると支払をしてもらえないとなると会社としては損をすることになるんです。それは絶対に避けなければいけないことです。

そこで審査をするようにしてしっかりと返済してくれる能力があるのか、それとも返済することはちょっと難しいのではと判断をして貸すのかどうかを決めるようにしているんです。なのでどの借金にも審査をしてもらうことが必要としています。審査といってもとても難しいことではないです。なのでまずは借りられるのかどうかを確かめるためにも審査をしてもらうようにするのが良いのではないでしょうか。借金して後々返済できない状況になる方もいると思いますが、弁護士や司法書士に助けてもらう事ができますので安心してください。

その方法を債務整理といい、借金の返済額を減額する事が可能となります。自分で借りたお金をしっかりと返す事が一番いいのですが、本当に返済ができなくなり、生活ができないとなれば助けてもらうしかありません。また、消費者金融から借金をしている人は過払い金が発生する可能性が高いです。この過払い金は金融業者に請求することで取り戻す事ができますので、弁護士に相談してみるといいでしょう。

債務整理、過払い金請求に強い法律事務所